紫外線が目に与える影響って何?怖い目の病気を防ぐために今スグできること

スポンサードリンク


紫外線は目に悪い、または紫外線は目から入ってきて肌に影響する、と言った話を聞いた事はありませんか? 特に美容に心掛けている人は、紫外線対策は入念にしていると思われるので、もしかすると聞いた事がある人も多いかもしれません。その為にサングラスをかけている人も少なくないでしょう。

実際に紫外線は目に悪い影響をもたらすという事が分かっています。肌にもそうですが、目に直接悪影響があります。眼科の医師も「目を守るためにはきちんと紫外線対策をする事が必要だ。」と言っています。では、目に紫外線を浴びすぎるとどういった悪影響があるのでしょうか?

 目を隠す女性

紫外線を浴び続けることによる目の病気とは?

紫外線による目の病気でいうと例えば…白内障角膜炎加齢黄斑変性症 になる確率がグッとあがります。紫外線は老化現象を早めるという意味から、白内障や加齢黄斑変性症は、分かる気がします。

特に、オゾン層の破壊から紫外線は年々強くなってきて、きちんと対策しないといけません。もともと目は紫外線に強くできているのですが、ここまで紫外線をが強くなる事で、防ぐ事ができないのかもしれません。さらに目から入った紫外線は脳下垂体に伝達されて、防御するためにメラニンを作ってしまいます。肌が一生懸命目から入った紫外線を守ろうとしてくれる事から肌老化が進んでしまうのです。その事からしっかりと目の紫外線対策をする事は大切です。

スポンサードリンク


目の紫外線対策は「サングラス」になります。しかし市販のサングラスで色がついているから紫外線が防げるという訳ではありません。紫外線を防ぐサングラスの選び方は紫外線カットのサングラスにある「紫外線透過率」というものを見る事です。「紫外線透過率1.0%以下」という表示であれば、紫外線のカット率は99%にもなります。

 

紫外線カットのサングラスは、濃い色がついているとは限りません。更に上や横からの紫外線カットもしっかりするように、大き目の目を覆うようなサングラスをする事でさらに対策をする事ができます。雪の反射の紫外線も強いので、スキーをする時も紫外線カットのゴーグル、そして雪道を歩く時には、紫外線カットのサングラスで歩く事をおススメします。紫外線カット率があがれば、メガネの価格が高くなる傾向があるので、そこはメガネ屋さんに、ライフスタイルに合ったものを探してもらうのが一番です。

まとめ

目にも紫外線対策は必要 目が紫外線を浴びすぎると、白内障、角膜炎、加齢黄斑変性症になりやすくなる 紫外線対策にはサングラスが最適で、できるだけ大きめの方がベター 雪の反射もあなどれないので要注意です

スポンサードリンク




コメントを残す