紫外線吸収剤の体への害!安全に肌を守るには?日焼け止めを使われている方は必見

スポンサードリンク


紫外線が肌に及ぼす影響はよく知られていることですよね。
美肌を守るために紫外線対策をして、紫外線の影響で生まれるシミやシワができるのを防いでいるという女性は多いのではないでしょうか?

でも紫外線対策の代表格、日焼け止めにも害があることを知っていますか?
日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が体に良くない影響を与えることもあるんです。
紫外線吸収剤を含んだ日焼け止めを使用することでどんな影響があるのでしょうか?

紫外線で肌を気にする女性

高い数値の日焼け止めに配合されていることの多い紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は日焼け止めの効果が高いと言われるSPF数値の高いものほど配合されていることが多いようです。だいたいSPF30以上の日焼け止めから紫外線吸収剤は配合されています。

紫外線は肌にシミを作ったり、肌の奥のエラスチンという弾力を保つ組織を壊すことでシワを発生させたり、美しい素肌を保つためには紫外線をなるべく肌に当てないことが大切です。

手軽に紫外線を防ぐことができるものが日焼け止めですね。塗るだけで夏の強い日差しの中でも紫外線の影響を受けることなく過ごせる女性にとってはありがたいアイテムです。
でも夏の強い紫外線をカットする高い効果のある日焼け止めには肌に害を与える紫外線吸収剤が含まれている可能性があるのです。

紫外線吸収剤が入っているかどうかを調べるには?

紫外線吸収剤が入っているかどうかを調べるためには成分表をじっくり見る必要があります。ケイヒ酸・フェノール・ベンゼン・安息香酸などが主な紫外線吸収剤の種類です。高いSPF数値のものほど多種類の紫外線吸収剤が配合されている可能性があります。

紫外線吸収剤は肌の表面で紫外線と化学反応を起こし、皮膚のただれやかぶれ、シミやシワや最悪の場合皮膚がんを発生させてしまうこともあるそうです。これでは紫外線をカットして肌を守っても日焼け止めの影響で肌を痛めてしまい何のための紫外線対策かわからなくなってしまいますよね。

スポンサードリンク


上手に日焼け止めを使い分け、日焼け止め以外の紫外線対策をすること

肌を守るための日焼け止めにまさか肌を痛める成分が配合されているなんてとっても衝撃的ですよね!でも紫外線の害も心配で日焼け止めを使用したい・・・という女性には、ノンケミカルという表示にある日焼け止めを選ぶことで肌を守ることができます。ノンケミカルとは紫外線吸収剤が配合されていないということです。最近ではノンケミカルの日焼け止めをよく見かけるようになりました。

ノンケミカルの日焼け止めの弱点はUVカット力が低いことです。ですから強い紫外線のもとで1日中過ごすときは紫外線が肌に与える影響の方が遥かに大きいので紫外線吸収剤の含まれたSPF数値の高いものを使用して、一般的な日常生活にはノンケミカルの日焼け止めの使用プラス日傘や長袖などでの紫外線対策が一番いい方法です。

 

 

まとめ

手軽に使えて効果の高い日焼け止めを使用していれば安全だと思っていました!SPFが高ければ高いほど肌を守ることができると思いがちですが、日焼け止めは用途や使用頻度によって使い分ける必要があるものなんですね。
上手く日焼け止めを使い分けることで紫外線吸収剤の害も紫外線の害も受けずに美肌を保つことができます。
自分の生活に合った日焼け止めを選ぶことが肌を守るために必要なことが分かりました。ぜひ参考にしてみてください

スポンサードリンク




コメントを残す