ホワイトデーのお返しに手作りはいかが!?オシャレで可愛らしいアイテム

スポンサードリンク


バレンタインデーにチョコレートを頂いた男の子や男性も多いのではないでしょうか。しかし、チョコのお返しに既製品のお返しを用意するのも大変だと考えている方も多いはず!それに手作りチョコをもらったのなら、手作りのお返しで手間ひまをかけてあげたモノをプレゼントすると気持ちもこもっていていいですよね♪
そこで手先が器用でなくても手軽に作れるオシャレで可愛らしい手作りアイテムをご紹介したいと思います。

オシャレで可愛いキャンドルを手作りしませんか♪

主婦の方がよく不要になった天麩羅油などを用いて手作りのキャンドルを作ったりしています。これをホワイトデーのお返しとして作成するのはいかがでしょうか。
男性の1人暮らしでは不要になった天麩羅油などは無いと思います。しかし、天麩羅油を用いなくても簡単に低コストでキャンドルを作る方法があるのです!しかも手早く作れるので多忙な男性でもちゃちゃっと作れちゃうのが良いですよね♪
しかも、アロマエッセンスを加えてアロマキャンドルを大量生産することが出来れば、よりオシャレで可愛らしいキャンドルの完成です。ホワイトデーのお返しではアロマキャンドルを手作りしてみませんか?

アロマキャンドル

アロマキャンドルの作り方。

材料は、ほぼ100円ショップで入手することが出来ますので、低コストで制作することが可能です。

  • マグカップ
  • ロウソク
  • タコ糸
  • ボタン
  • 割り箸
  • お好みのアロマオイル

 

作り方は至って簡単です。

  1. タコ糸の先端にボタンを取り付けます。そして、マグカップの高さに合わせて切断します。
  2. ロウソクを湯煎にかけ、その中にタコ糸をゆっくりと浸します。
  3. タコ糸にロウソクが浸み込んだら一旦取り出し、3分ほど乾燥させます。
  4. 割り箸にタコ糸を外れないように巻き付け、マグカップの中央へ垂らします。
  5. 溶けたロウソクにアロマオイルを混ぜ、それをマグカップにゆっくりと注いでいきます。
  6. ⑥マグカップに注いだロウソクが固まったら余分なタコ糸を切断して完成です♪

やってみると意外に簡単にアロマオイルが完成します。しかし、これでは単なる白いロウソクにアロマの香りが付いただけのロウソクなので、今度はカラフルなアロマキャンドルの作り方をご紹介します。

スポンサードリンク


オシャレでスタイリッシュな手作りアロマキャンドルの作り方♪

先ほどのアロマキャンドルと制作工程がほぼ同じなので、簡単に作れると思います。では、材料のご紹介です。

  • ロウソク(色を付けていくので、白いものがオススメです。今回はインセンスバーナー用のロウソクで解説していきます。)
  • クレヨン(クーピーペンシルタイプがオススメです。ベタベタするクレヨンはキャンドル作りには不向きなので使用するのを控えましょう。)
  • 紙コップ
  • タコ糸
  • 割り箸
  • 竹串
  • アロマオイル(100円ショップでも販売していますが、香りが弱いため、専門ショップで購入すると良いでしょう。)
  • 小型の鍋(調理用で使用しているものは絶対に使用しないでください。捨てる覚悟のある小型の鍋が望ましいです。)
  • ハサミ
  • カッター

すべて100円ショップなどで購入できるのが良心的ですよね!では、作り方をご紹介します。

 

  1. インセンスバーナー用のロウソクを銀色のトレーから外し、裏に取り付けられている金具を外しておきます。差し込んでいるだけなので簡単に取り外すことが可能です。
  2. 着色に使用するクーピーペンシルタイプのクレヨンからお好みの色を選択しておきます。キャンドルに色を付けてもクレヨンよりも薄くて淡い色になってしまいますのでご注意ください。最大10色までカラーリングすることが可能です。
  3. 鍋に金具を取り外したロウソクを入れ、溶かしていきます。極弱火で5秒ほどするとモクモクと煙が上がり、溶け出してきます。焦がさないように鍋を火から離し、左右に揺すって溶かしていきます。難しい場合は、水を入れ、沸騰した鍋にボウルを入れ、ロウソクを湯煎にかけていく方が失敗しなくて安心です。
  4. 紙コップの高さの2倍くらいに切断したタコ糸を溶け切ったロウソクの中へ投入します。このとき火は止めておいた方が良いでしょう。糸からプクプクと泡が出切ったのを確認したら取り出します。
  5. 取り出したタコ糸を乾燥させます。その間に紙コップの底に竹串で穴を開けます。大きすぎると失敗しやすくなるので、大体1cmほどの大きさで開けましょう。
  6. 紙コップの底に開けた穴にロウソクを浸み込ませたタコ糸を差し込みます。コップの内側に納まる長さで折り曲げます。
  7. コップを上向きにし、タコ糸を割り箸で挟みます。タコ糸を真っ直ぐに固定し、折り曲げた底の部分のタコ糸を押さえながら引っ張ると良いでしょう。
  8. 着色用のクーピーペンシルタイプのクレヨンを5mmほどにカットします。あまり多く入れ過ぎてしまうとキャンドルが燃えなくなってしまいますのでご注意ください。
  9. 溶かしたロウソクを再び火にかけ、カットしたクレヨンと一緒に溶かしていきます。煙が出ないように細心の注意を払いましょう。
  10. アロマオイルで香りを付けていきます。ロウソク1つに対し、5滴ほどがオススメです。アロマオイルも入れ過ぎるとキャンドルが燃えなくなってしまうため、入れ過ぎに注意が必要です。
  11. 紙コップへ流し込んでいきます。一段ずつ色を変更していく場合は、室温で15分以上放置して乾燥させていきます。その場合、一度に2~3個ずつ作っていくと効率が良いです。
  12. 紙コップの8割ほどがベストですが、紙コップの縁まで注いで作ることも可能です。ただし、しっかり乾かした状態で次のロウソクを注がないと先に注いだロウソクと色が混ざってしまい、汚くなってしまうため、しっかり乾かしてから注ぐようにしましょう。
  13. しっかり固まったのを確認したら紙コップをベリベリ剥がしていきます。
  14. 上下どちらかのタコ糸をカットし、完成です♪

 

手作りアロマキャンドルでさらに一工夫!

アロマオイルを手作りでホワイトデーギフトにする場合、使用するアロマオイルの効果や効能をしっかり選択して購入すると喜ばれます。例えば、リラックス効果で有名なラベンダーには頭痛や不眠症を改善し、ストレスや不安を取り除く効果が得られます。また、ローズには女性ホルモンの分泌を促進し、ストレスを和らげ、リラックス効果が得られます。

誰でもお手軽にオシャレな手作りアロマキャンドルが作れるので、是非今年のホワイトデーのお返しにいかがでしょうか?

スポンサードリンク




コメントを残す