紫外線アレルギーって何?【色白の人は要注意】日光でかゆみや湿疹が!

スポンサードリンク


紫外線は浴び続けると、皮膚に様々な炎症や肌のトラブルを引き起こす害のあるものです。年々紫外線は強くなる傾向があり、昔よりも日傘やサングラスをして外出している人を多く見かけるようになりました。
紫外線はシミを作るので女性の多くは美容のために紫外線対策をしていますよね。美容のためだけでなく紫外線アレルギーという病気にならないためにも紫外線が強い季節は紫外線対策を行う必要があります。

そこで気になる疑問が浮かびました。

  • そもそも紫外線アレルギーって何?
  • 紫外線アレルギーはどうしてなってしまうのでしょうか?
  • また紫外線アレルギーの人が紫外線を浴びてしまうとどんな症状がでるのでしょうか?

これらに焦点を当てて考えてみたいと思います。紫外線アレルギー

花粉症と同じく抗体が関係している?!紫外線アレルギーはどうしてなるの?

紫外線アレルギーは花粉症と同じように、体の中に持っている抗体が一定量を超えてしまうと発症し症状が現れます。この抗体の量は個人差が大きいものなので紫外線を浴びた量とは関係がなく、少しの紫外線でも症状が出てしまう人もいます。

紫外線アレルギーの起こる原因は大きく分けて2つあります
一つは服用している薬の副作用や湿布や日焼け止めの成分が紫外線と反応して起こる外因性の原因です。中には香水やボディローションなどの香料が原因になってしまう人もいます。
そして二つ目は遺伝的要因です。色白の人は両親のどちらかもしくはどちらもが色白である傾向が強いそうです。このことと同じように紫外線アレルギーを引き起こしやすい肌の性質も遺伝しやすいと言われています。

スポンサードリンク


つらい紫外線アレルギーの症状!ひどい人は部屋の中でも紫外線対策の必要あり

紫外線アレルギーは抗体の一定量を超えると突然発症します。そして一度発症してしまうと完全に治ることは難しいと言われています。

紫外線アレルギーの症状は、日光や日光に含まれる紫外線を浴びることによって現れます。湿疹やかゆみ、水ぶくれのように腫れたり真っ赤になるといった症状が主な症状です。紫外線アレルギーの症状が強い人だと、部屋の中にいても窓から入ってくる紫外線の影響で症状が出てしまうこともあるそうです。

紫外線アレルギーは予防が肝心です。紫外線アレルギーにならないためには紫外線対策をすることが有効です。日差しの強い季節には紫外線をカットする日焼け止めを、肌が露出している部分に使用することが紫外線アレルギーの予防策になります。
また紫外線アレルギーの人にとっても日焼け止めは大切なアイテムです。紫外線アレルギーの人は1年中降り注いでいるといわれる紫外線を、毎日日焼け止めで肌に入り込まないように対策する必要があります。
窓からの紫外線でもアレルギーが発症してしまうという人は、部屋のカーテンをUVカット効果のあるもの(遮光性の高いもの)に変えると症状を抑えられます。

紫外線アレルギーは発症するとつらい病気です。日焼け止めで予防をすることが大切です。

まとめ
シミやシワなどの美容的な害だけだと思っていた紫外線ですが、実は病気の元にもなるものなんですね!
紫外線アレルギーは一度なってしまうとずっとお付き合いしていかなければならない厄介な病気です。あまり知られていない病気ですが紫外線アレルギーの人は増えているようです。
紫外線アレルギーにならないため、美容のためにも年々強くなっている紫外線を日焼け止めで対策をしていくことがとっても重要なことですね。

スポンサードリンク




コメントを残す