紫外線の強さで1日の時間帯別紫外線量を調べてみた

スポンサードリンク


うっかり浴びてしまうことも多い紫外線ですが、紫外線を浴びることは女性にとって嬉しくない肌への影響がたくさん!その多くは加齢によって生まれやすい肌悩みであるシミやシワといったものです。紫外線はシミやシワを作る、言ってみれば肌を老化させてしまう厄介なものなのです。

なるべく紫外線を浴びたくない!そう思う女性は多いと思います。実は1年の間や1日の中でも紫外線の量は変化します。紫外線の多い時間帯を知ることができれば注意して外出したり外出そのものを控えたり、効率よく紫外線対策ができますね!1日の中で紫外線の量が多い時間帯は何時ごろなのでしょうか??

朝の日差し

紫外線が強い季節は案外早めにやってくる?!

紫外線というと肌に直接日光が当たって暑さを感じる夏だけのものだと思っていませんか?
紫外線は、夏はもちろんのことですが実は1年中私たちに降り注いでいるんです。その中でも1年を通して紫外線が強いのは5月~9月です。この季節の体に感じる暑さ=紫外線と思ってしまいますが、肌に感じる暑さは赤外線によるもので紫外線量とは関係がありません。日差しの弱い時期や5月~9月の太陽が出ていない曇りの日であってもしっかりと紫外線は降り注いでいるのです。特に曇りの日でも晴れの日の80パーセントもの紫外線が降り注いでいるのは驚きです。

肌に当たる赤外線の温度で紫外線対策を始めることも多いのですが、肌寒い3月でも紫外線は十分に日差しの中に含まれているのです。できれば1年中、紫外線対策をしていくことがお肌にとって必要なことです。

スポンサードリンク


1日で紫外線が強い時間帯は?うっかりしていると日焼けしてしまいます!

特に紫外線が強くなる夏の季節は、紫外線に対して日傘や日焼け止めの使用、なるべく日陰を歩くなど紫外線予防を意識してしますよね。
1日の中で紫外線の強い時間を時間帯別に見てみると10時から14時が最も強く、1日の約60パーセントもの紫外線量を占めています。この4時間は紫外線対策をしっかりとして外出する必要がありますね。外出は14時以降にするのも紫外線対策として有効です。

もう一つ注目すべき点は、10時よりも前の朝の時間帯が1日の紫外線量のおよそ30パーセントを占めているということです。朝はお化粧する前に洗濯物を干したり、ごみを出したり無防備の肌状態のまま外に出てうっかり紫外線を浴びる可能性が高いのです。
日差しがまだ強くなくて気温も低いからといって紫外線が少ない訳ではないことを覚えておきたいですね。1年でもっとも紫外線の多い夏は、うっかり日焼けをしないようにほんの少しの外出でも紫外線対策をすることが大切です。
朝の忙しい時間にお化粧はしなくても洗濯物を干すときやごみを捨てるときには、UV効果のある化粧下地だけでも塗ってからなどの工夫することで肌を守ることができます。

まとめ

紫外線は目には見えないものなので油断をするとうっかり浴びてしまい、浴び続けた紫外線が蓄積されるとシミやシワなどの老化現象が発生してしまいます。紫外線の強い季節や、1日の中での紫外線の強い時間帯を知ることで効率よく肌を守っていくことができますね。
日差しが強いこと=紫外線量ではないことを理解しておくことで紫外線への意識が高まり予防もしやすいと思います。

老化を促す紫外線を極力浴びないことが将来の美肌につながるのですね!

スポンサードリンク




コメントを残す