紫外線で目が病気に!?若くても起こりうる3つの目の病気と対策

スポンサードリンク


毎日、知らないうちに浴び続けてしまっている紫外線。直接強い日差しを浴びていなくても反射による光や窓からの光にも紫外線は含まれているので紫外線対策はなかなか完璧には難しいものです。
肌の紫外線対策は比較的しているという人は多いのですが、目の紫外線対策をしている人は肌に比べて少ないと思います。実は目にも紫外線は悪い影響を与えています。紫外線を浴び続けた目に起きる目のトラブルにはどんなものがあるのでしょう?目を紫外線から守る方法や目のトラブルを防ぐためにできることは何があるのでしょうか?

目

紫外線が影響で起こる目の病気に注意!視力の低下につながることも

紫外線が原因で引き起こされる目の病気は主に3つあります。
一つは年齢を重ねた人に多い病気、白内障です。白内障は目の中の水晶体のたんぱく質が変性してにごってしまうことで視力の低下が起こる病気ですが、このにごりの原因が紫外線の蓄積によるものだと言われています。蓄積される量が多い人は若くても白内障になることがあります。

2つ目の病気は翼状片という病気です。翼状片は、白目の組織の細胞が異常に増殖して黒目に食い込んでしまって起こるものです。これは白目と黒目の境目に紫外線の影響で傷がつき、その防御反応で目を守るために起こる病気です。

3つ目は白目が盛り上がってきてしまう瞼裂斑(けんれつはん)という病気です。紫外線の影響でたんぱく質が変性し、白目が変色し盛り上がってしまう病気です。これは肉眼では見えませんが目にできるシミです。肌と同じように目も紫外線によってシミができてしまうなんて驚きですね。

これらの病気は紫外線が原因で起こるといわれている代表的な目の病気です。3つの病気に共通するのは、初期症状として目の疲れや目のかすみ、充血などがあり進行すると視力低下につながるということです。

【目の紫外線対策】健康な目を守るためにできることとは?

紫外線から目を守るためにまず思いつくことはサングラスですよね。サングラスは目を紫外線から守るのにとても有効なものです。色の濃いサングラスほど効果が高いような気がしてしまいますが、濃い色のサングラスは瞳孔が開いてしまうので目の奥にまで紫外線が届いてしまうといわれています。薄い色のサングラスなら瞳孔が開くことなく紫外線が入ってきても目の奥にまで届くことはないので安心です。
その他に、目の健康を内側から目指すためにはビタミンCやルテインといった成分を取り入れることが効果的です。ビタミンCは白内障の出現率をおよそ4割減少させるそうです。いちご・レモン・ブロッコリーなどに多く含まれています。
ルテインは抗酸化作用のある成分です。紫外線を浴びると発生する目の奥の活性酸素を取り除く効果があります。活性酸素は老化を進める物質として知られています。ブルーベリーやカシスなどに多く含まれている成分です。

ビタミンCやルテインは、目だけではなく体の様々な部分の健康にもとても良い成分なので積極的に取り入れたいですね。

まとめ

紫外線対策は肌だけでなく目にも必要なんですね。目の病気にならないためにはサングラスや効果的な食品で予防することが大切です。
そして少しでも目に違和感があれば、眼科に行くことが健康な目を守る方法です。
紫外線は1年中降り注いでいます。避けることができない紫外線から体を自分で守るという意識がとても大切だと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す