目の紫外線ケアはできていますか?裸眼の人は要注意

スポンサードリンク


白目にある茶色い点、紫外線が原因かも?

紫外線を長時間浴びることによって、シミ、しわ、たるみなどの原因となり、それがお肌の老化につながることはよく知られていることです。そのため、多くの方が日焼け止め対策は、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりと、バッチリされている方も多いと思います。
しかし、意外と見落とされがちな目の紫外線対策!目も日焼けするってご存知でしょうか?自分の白目を鏡でよく観察すると、茶色い点などが見られる方、いませんか?それは翼状片と言う目の疾患が考えられることがあるんです。特に見られない、白目は真っ白だよと言う方でも特殊な光で観察すると、ほとんどの方が目の中にシミ予備軍のものを持っているそうです。
そのシミのような目の病気の原因は、目の乾燥やコンタクトレンズ使用よるよるものもの、そして、紫外線も大きな原因とされています。進行すると見た目の問題だけでなく、ドライアイや黒目にかかると失明にもなる恐い疾患です。

目の紫外線ケア

裸眼の人はコンタクトレンズ、メガネ使用の人より日焼けしやすい?

よく真昼間の日差しがきつい時間にテニスコートの前を通ると、女性の方が、帽子にフェイスカバーと言われるマスクをしてばっちり日焼け対策をされているのを見かけたことありませんでしょうか? 
目以外はカバーされていて、日焼け対策ばっちりだなと思いますが、実は目から日差しを感じるだけでも肌の日焼けをするんです。そのメカニズムは目が紫外線を感じることによって脳にメラニン色素を作れという指令を出すと言われています。そのメラニン色素は紫外線を肌から守る重要な役割を果たしていますが、そのメラニン色素が新陳代謝の乱れや低下により色素沈着しまったり多く作られてしまうと、その結果シミの原因になるのです。

スポンサードリンク


以上のように紫外線対策は目もキチンとケアを行わないと、目の疾患とお肌のシミなどにも繋がります。今まで目は紫外線ケアしていなかったと言う方もいるのではないでしょうか?目の白目も翼状片と言う目の疾患の原因となる、紫外線対策をするのであれば、UVカット機能のあるコンタクトレンズだけでなく、UVカット機能のあるメガネやサングラスも使用しましょう!
そして色の濃すぎるサングラスも目の瞳孔が開きすぎるため、目に入る紫外線量が多くなると言われています。サングラスは濃すぎないものを選びましょう。時間帯も紫外線の一番強い午前10時から午後14時だけ気にすればいいと思っていませんか?朝や夕方も日光の角度は目に一番当たり易いので、日中野外に出るときは紫外線対策を行いましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す