ゴールデンウィークに潮干狩りはいかが?関東で潮干狩りが出来る場所

スポンサードリンク


海の生き物がどんなふうに生きているか、どうやって採るのかというのを、子どもに教えてあげるのにピッタリな「潮干狩り」。
実は、日本全国に潮干狩りが気軽に楽しめるスポットが、たくさんあるんです。日帰りでも、旅行でも、楽しく潮干狩りが体験できるスポットへ、行ってみませんか?ゴールデンウィークに潮干狩りシーズンを迎えている人気スポットを紹介します。

潮干狩り

都心の近くにある潮干狩りスポット!「横浜市海の公園」

東京からもビュンと行ける距離にある、横浜市金沢区にある海の公園は、海水浴場がある公園です。浜辺には、アサリやカガミガイなどが自然に生息しているので、都心にありながら天然の貝を取ることが出来るのが魅力です。

無料で潮干狩りを楽しむことが出来るだけでなく、一人2キロまで持ち帰ることが可能です。2センチ以下の稚貝を採らないことなど、ルールがきちんとあるので、自然を守る大切さを子どもに教えてあげることもできます。
電車移動の際に気になる、泥を落とすための足洗い場や、有料の温水シャワー設備つき更衣室もあるので、子どもがどろどろになっても安心です。売店では、潮干狩りに必要な道具も扱っていますが、数が限られるので事前に購入しておくことが賢明です。

また、海の公園には、バーベキュー場や子どもが遊べる公園もあるので、潮干狩りだけでなく1日たっぷりと遊べます。

スポンサードリンク


遠浅の「御殿場海岸」はアサリの宝庫!

三重県津市にある御殿場海岸は、ゴールデンウィークに人気の潮干狩り&旅行スポットです。県立自然公園に指定されている、白砂青松で有名な津の海は、約12キロの遠浅の海岸が続いています。
こちらも無料で潮干狩りを楽しむことが出来るので、子どもからお年寄りまでじっくりと潮干狩りを楽しんでいます。

自然に生息しているアサリやマテ貝は、採取量の制限がないので、思う存分とることが出来るんです!アサリは4~6月が収穫のピークなので、ゴールデンウィークはまさに潮干狩りにぴったりの時期です。

御殿場海岸では、浜遊びとしてはじめられた「楯干し」という魚つかみを行っています。
潮干狩りと合わせて、こちらも親子で楽しんでください♪

東京からも近い!木更津海岸

千葉県木更津市にある木更津海岸の「中の島公園」は、東京からアクアマリンで約1時間という近さもあって、関東でも人気の潮干狩りスポットです。来場者1000名ごとや金銀ハマグリを見つけた人に、木更津産焼き海苔がもらえるというイベントが行われています。
入場料は大人1600円、子ども800円必要ですが、大人は2キロ、子どもは1キロ、貝を持ち帰ることが出来ます。また、潮干狩りに必要な熊手の購入やレンタルもできるので、道具がなくても気軽に潮干狩りを行うことができます。

スポンサードリンク




コメントを残す