紫外線アレルギーが顔に出る人の特徴!光線過敏症で皮膚が痒い

スポンサードリンク


その皮膚のかゆみ、紫外線アレルギーかも?

急に皮膚にぶつぶつや赤みが出てかゆくなったことありませんか?特に原因がわからないけど、紫外線を数分でも浴びた後にでもこのようなぶつぶつや赤み、かゆみなどの症状が出た場合、それは光線過敏症かもしれません。光線過敏症は紫外線アレルギーや日光アレルギーともも呼ばれ、花粉症のように、今まで発症していなかった人でも突然現れる免疫反応の一種です。紫外線アレルギーは日光を浴びた数10分後にでも、じんましんなのどの症状がおこります。すぐ治る場合や数時間じんましんが出る場合もあります。アレルギー

また湿布や香水、ローションなどを塗ったあとに紫外線に当たる場合にも赤みや湿疹が生じうることも紫外線アレルギーと言います。なかなか病院で調べても紫外線アレルギーであると診断するのは難しいようです。日光を浴びたあとすぐに湿疹や赤みの症状が出る人は、この紫外線アレルギーではないかと疑ったほうがよいかと思います。
この紫外線アレルギーは皮膚科なのどで薬を処方してもらう他に、自分でできる対策としては、極力日光に当たらない、日中の外出する場合は紫外線対策を行った日傘、サングラス、肌の露出を避ける、日焼け止めそ塗るなどの対策が必要です。

スポンサードリンク


肌の弱い人は日焼け止め選びも気をつけて!

紫外線アレルギーでお肌がすぐかゆみが出たりするような、お肌の弱い人は日焼け止めクリーム選びにも注意が必要です。日焼け止めには紫外線吸収剤が入っているものと入っていないものの二種類があるのをご存知でしょうか?
紫外線吸収剤と言うのは名の通り、紫外線を吸収して他のエネルギーに変えて紫外線を皮膚に到達するのを防ぎます。紫外線防止効果は高く、白うきしにくいですが、お肌には負担が高く、刺激も強いと言われています。
もう一つは、紫外線吸収剤無配合で、紫外線散乱剤を使った日焼け止めがあります。こちらはお肌の負担が比較的低いですが、紫外線吸収剤が含まれたものより、日焼け止め効果は低いとされています。どちらも日焼け止め対策には小まめに塗り直すことが必要です。肌の負担を考えれば、紫外線吸収剤無配合のものと言われますが、自分で試してみて、お肌に合ったものを選びましょう。
紫外線アレルギーの症状である肌荒れやかゆみが特に顔に現れると言う人は、このような日焼け止めを塗って肌に合わなかった場合も原因にあります。顔は体で一番露出している部分で特に日焼けもしやすいので、注意が必要です

スポンサードリンク




コメントを残す