ゴールデンウィーク中ソロキャンプが一人旅にはおすすめの場所

スポンサードリンク


ゴールデンウィークがやってきます。
みなさんはもう計画なさいましたか?

私個人的にですがこの時期、フキやたけのこ、山椒やタラの芽、そんなものたちをたらふく食べたい!
ああ、地面からうまれてくる季節のものたちって、なんておいしいのでしょう。
さて、2014年の今年は4月の終わりが飛び石。
5月は4連休がありますね。
暦通りに休めない方も多くいらっしゃることでしょう。

どこも混んでるだろうし、消費税8%になっちゃったし…
家でのんびりしようかな…と、お出かけを控えようとお思いですか?

テーマパークや観光地は確かに魅力的ですが、すきまスケジュールで、すきまスポットへ行ってみませんか?

 

今、ソロキャンプが流行中

近年独身男性や、家族と休日の合わない旦那らのあいだで、

ひとりで出かけるソロキャンプが流行っているようです。

この楽しみを一部の男達に独占させておくのはもったいない。

ソロキャンプのすすめ

バーベキューやポトフを家族や仲間と楽しむのは格別な味わいです。
でも、敢えてひとりで行く。

老若男女問わず、自分ひとりだけの面倒をみるために、行く。

規模の大きなオートキャンプ場はファミリー層が多く、ひとりを楽しむには不向きです。
ここはひとつ、自分と向き合えそうな、こじんまりと穴場的な?!キャンプ場を探してみましょう。

キャンプ場なんて探さなくてもウチの裏の河原でみんなでにテント張ってるよ、というようなしあわせな環境の方はゴメンナサイね。

 

お一人様用のソロキャンプできる場所というのも最近は人気です。

 

スポンサードリンク


 

 

都会とは違う自然を感じること

小さなテントとシュラフ(寝袋)、マットといった最小限の装備だけは用意してください。

シュラフ↓

 

 

車やキャリーカートは使わない前提です。
リュックサックひとつを背負って、電車やバスなどの公共交通機関を使って行きます。バイクやクロスバイクで少し時間をかけて行くのもいいですね。

 

あこがれのダッチオーブンや、ル・クルゼ、すとなどでなくても100均の鍋ひとつと小さなバーナーで充分。

とはいえ要は登山ではないので、嫌になるほどの大荷物にならなければ
OKなわけで、昨日の鍋料理に使ったカセットコンロを持ち出しても良いし。

いっそ割り切って、災害用品のストックからサカナの缶詰と乾パン、水だけピックアップして持って行ったって良いのです。最低限の缶詰などの食料を持ってサバイバル気分を楽しむのもいいかもしれません。

 

この計画のキモは、便利を捨てて、非日常の中で自分と向きあうこと。
多忙でイラついた感情しか持てなかった日々から脱出し、ココロの中にちっちゃなワンダーランドを普請することが目的ですから。

  • 5月の強烈な紫外線に肌をやかれる。
  • 夕焼けを満喫して冷たい夕食を囓る。
  • ただただ焚き火の焔のかたちに見とれる時間。
  • 川の水って必ず一方向に流れてくなー、とあたりまえが新鮮。
  • 草の衾でうっとり寝てたら深夜にまさかの大雨!
  • 神々しい朝陽がぬれた草たちを輝かす様。
  • 鳥達のよろこびの歌、虫たちのさんざめき。

仕事のノルマも納期も駆け引きも、ちっぽけなことに思えてきます。

 

さあ、日に数本しか運行してない赤字路線のバスの時刻を調べるところから、

もうあなたのワンダーランドははじまっているのです。

スポンサードリンク




コメントを残す