20代から始める白髪予防習慣!原因はコレが決定的!?

スポンサードリンク


20代の白髪が増えてきています。

中学生や高校生でも白髪が何本か出てきている人はいましたが、20代でも一般的には若白髪に入るようです。

俳優の塚本高史さんは20代ではなく、30代ですが少し見ない間に白髪が増えていたことは話題になっていたのでひょっとしたらご存知かもしれません。映画やドラマでの役作りではなく、地毛だそうです。

 

 

結論からいうと

20代から白髪を予防するにはバランスのとれた食生活睡眠生活習慣の改善です。

白髪こども博士

 

良質な睡眠を取る
就寝の不規則な生活や睡眠不足はできるだけ気をつけましょう。

その理由は髪は眠っている間に成長するためです。

 

精神的なストレスがあったり、考え事をしていると眠れないことはよくあることです。
眠るためには、身体をしっかりと動かして体力を消耗する、体を疲れさせるなど運動も効果的です。身体を動かして夢中になっていれば悩みや考え事も薄れていくためです。

 

悩む、迷う、考えすぎる、ストレスを溜める、運動不足…

脳や頭にできるだけ負担をかけない行動を心がけることは白髪の予防習慣の一つになります。私管理人自身もパソコンを頻繁に使っているために目を酷使したり、考える時間が多いです。そのために目に近い頭の横側のモミアゲ部分やこめかみ付近に白髪が若干多いです。視神経の使いすぎによるものかもしれません。スマホも頻繁に覗きこんでいる人は注意したほうがいいかもしれません。

 

 

良質なタンパク質を摂取する等の食生活による白髪の予防
良質なタンパク質を摂取するのにオススメなのがゴマ、ワカメ、めかぶなどのミネラルを含んだ海藻やメザシ、いりこなどの小魚などです。

 

普段の生活で摂取が難しい場合もあると思いますので、白髪予防に効果的な成分を含んだサプリメントを紹介します。



 

 

白髪の原因は?ストレス、遺伝、日常の生活習慣…?

白髪が出来る原因はそもそも何なのでしょうか?

 

実は白髪と普通の黒髪の違いというのは、
髪の成分の一つであるメラニン色素があるかないか?という違いだけです。
※メラニン色素というのは、髪に色を付ける役割があります。

なので髪のメラニン色素以外は実は全く同じなんですね。

 

 

このメラニン色素が役割を果たさない髪がなぜ生まれるか?というと
原因はハッキリと分かっていないのが現状です。

 

分かっていないというよりもいくつか原因があるようです。
例えば、よく言われる原因として以下の様なものがあります。

  • 家族を始め親族の多くが白髪で代々白髪家系
  • 日常的なストレス
  • 加齢が原因?若白髪は?
  • タバコの喫煙などの生活習慣
  • 紫外線の影響?

 

これが決定的!という確信的な原因はありませんが、
あながちどれも間違っているとは言えません。

 

加齢に関して言えば、アメリカでは40歳以上の4割の人が多少なりとも白髪ができているというデータがあります。

 

例えば、介護施設にいるようなおじいちゃん、おばあちゃんを想像してみてください。

高齢者で髪が真っ黒な人は…ほとんどいませんね^^;

年を重ねていくに連れて足腰が弱ってきたり、肌にたるみがでてくるのと同様に髪も老化することで白髪になっていくのは避けられない事実のようです。

 

 

また、生活習慣に関しては、20代の比較的若い層の人であっても喫煙者の4倍白髪ができやすいデータが報告されています。

また、自分がタバコを吸わない非喫煙者であっても、他人が吸ったタバコの煙による受動喫煙でも影響はあります。ですので、喫煙場所や喫煙者がいる場合には注意したほうがいいでしょう

遺伝による白髪も周囲を見渡してみれば、確かに事実であることが確認できます。

 

 

まとめ

 

生活習慣の改善による予防習慣を身に付けることが大切。

  • ストレスをためないこと
  • ミネラルや良質なタンパク質を摂取する食生活
  • 髪を成長させるために十分な睡眠を取る

加齢や遺伝も少なからず影響するので、完全に白髪を予防できる可能性は低い
喫煙は控え、受動喫煙にも気をつける

 

予防は一時的では意味がありませんので継続して習慣化させることがポイントです。

スポンサードリンク




コメントを残す