室内犬の暑さ対策!留守番中夏の電気代を1/4に節約する方法

スポンサードリンク


今年もアツ~い夏がやってくる!
ここ最近の夏は特に地獄のような暑さです。

2013年に高知県の四万十市では観測史上最高記録41.0度を記録しました。
毎年記録更新しそうで、どんどん暑くなっていきそうです(汗)

 

暑いのはなにも人間だけではありません。
室内で犬や猫を飼っている家では、ペットの健康も心配になりますよね
特に、家に人が誰もいなくてペットだけでお留守番させる時は
帰ってきたらグッタリして倒れているかも…!?と心配になるかもしれません。

暑さでぐったりする犬

 

 

 

 

 

 

留守番中、室内犬や猫、ハムスターなどのペットだけのためにエアコンのクーラーをつけっぱなしにしているという家庭もあるのではないでしょうか?

 

 

「一日中エアコンを付けた場合はどれくらいの電気代になるの?」

 

そこで気になるのがなんといっても電気代です!
例えば、1日中エアコンをつけっぱなしにした場合の電気代はいくらになるのでしょうか?

1日で225円 、1ヶ月(31日)の場合は6975円になります。
※ワンルームで一人暮らしの場合で、エアコンのタイプや部屋の広さ、室温設定の環境による差があります

 

24時間つけっぱなしというのは、極端な例ですが、
室内犬で、留守番もさせる機会がある場合は
大体これに近い金額は可能性として考えられます。

 

昼間だけでなく、夜も蒸し暑い熱帯夜が連日続くことも考えられます。
夏は電気代が高くなるのはある程度予想できるといっても、
さすがにエアコンつけっぱなしだと電気代の請求を見て恐しくなるのは予想できます。

 

 

犬の暑さ対策はどんな方法がある?

節電しながら留守番犬の暑さ対策に使える方法として
よく使われる方法は…

  • 窓を開けておく
  • エアコンつけっぱなし
  • 扇風機
  • 冷感ジェル
  • クールマット
  • アルミ板

などの方法があります。

直射日光を受ける犬

 

 

 

 

 

 

窓を開けておくのは、防犯上怖い。
エアコンつけっぱなしは電気代が恐ろしい。
扇風機だと直接風が当たるで嫌がる。
クールマットやジェルなんかも、最初はひんやり気持ちいいけど
すぐにぬるくなってしまうという欠点があります

 

他の飼い主さんも犬の暑さ対策にはかなり苦労されているようです

 

私なりに調べてみたところ、ひんやり気持ちよさが持続する水循環マットというのを見つけました。

 

電気代がエアコン(クーラー)の1/4に節電でき、さらに冬の暖房にも使えて冬の電気代が1/10に抑えられるというペット専用のグッズです。
元々人間に対応して作られていたもののようです。

 

水循環マットというのは、温かい水、冷たい水をマットの中に流して温度を調節できるマットです。

温度を調節ことができるので夏の暑さだけではなく、冬の寒さ対策にも使えます。
ちなみに犬の快適温度は25度前後、猫は28度前後です。

 

人間であっても夏場は熱中症が起こりやすく、ペットも例外ではありません。
愛するワンちゃんの健康は何ものにも代えがたいものです。

具合が悪くなるまでいかなくても、犬もストレスが溜まりますから、
あまりの暑さやストレスで家に帰ったらモノが壊れていたり、
暴れまわっていることもあります。

 

しっかりとお留守番をしてくれるワンちゃんのためにも、電気代を抑えつつ、快適な空間を作ってあげるのも飼い主のつとめではないでしょうか?

お留守番中のペットにお悩みの方や少しでも電気代を節約したい方にはおすすめです!
夏は涼しく、冬は暖かく!ペットにも家計にも優しい水循環マット!


 

 

 

 

 


ついつい見ちゃう通信販売

スポンサードリンク




コメントを残す