沖縄マラソン2015の攻略ポイントで知らないと損すること

スポンサードリンク


沖縄マラソン2015でフルマラソンを完走したい!

 

まずは、簡単ですが概要を説明しますと…2015年の沖縄マラソンは正式には「第23回2015おきなわマラソン」と言います。開催日時は2015年2月15日(日曜)で、種目はフルマラソンと10キロロードレース。定員はフルマラソン 13,000人、10キロロードレース2,500人。規模は大きいですね。

沖縄マラソン

 

通常のマラソンの攻略ポイント

沖縄マラソンの前に、通常のマラソンで完走するためのポイントをお伝えします。沖縄マラソンでなくても、ただでさえ距離の長いフルマラソンは前半は良くてもペースダウンする人は多くなるものです。

時間

テレビでよく見るようなプロランナーは2時間台でゴールしていますが、一般参加の人はまず無理です。4時間、5時間ぐらいは普通にかかります。初心者の方は、まずは途中から歩いてでもゴールしきるということが大事です。かと言って遅すぎると回収車によって回収されてしまいます。交通規制があって、時間も限られていますからね。
 

ペース

距離が長いほど、後半にペースが落ちるのは誰でもあることです。マラソンに慣れていない人は前半に自分の好きなように走ってしまいがちです。体調がいいと「この調子で行けそうだな」と思ってついペースを上げてしまって後半でバテてしまうのです。マラソンは他にも全国各地からいろんなランナーが集まってきます。他のランナーのペースに巻き込まれてしまうこともあるので、他人は気にせず、自分なりの一定のペースを保つように心がけましょう。完走することが目的なら、回収されないペースであれば大丈夫です。
ペース配分のポイントとしては、呼吸を乱さないことと、一定のリズムで走ること、そして一定の速度で走ることの3つです。それらを自分でチェックするにはランニングウォッチが必須です。5km,10km…と区間ポイントがコースに表示されているので、その区間を目安に、自分の腕時計を見ながらペースを確認していきます。

 

ちなみに、1キロのペースによる完走時間を計算してみました。

  • 1kmを6分で走れれば、4時間13分で完走
  • 1kmを7分で走れれば、4時間55分で完走
  • 1kmを8分で走れれば、5時間37分で完走
  • 1kmを9分で走れれば、6時間19分で完走

周りに流されないでペースをしっかりと作っていきましょう。もしランニングウォッチをお持ちでない場合はこの際入手しておきましょう。

 

 

おきなわマラソンの攻略ポイントは!?

 

コース紹介動画

 

なんといっても勾配!

おきなわマラソンのコースでは高低差が100m近くあり、後半に上り坂が集中していてペースをきちんと考えてから走らないと途中でバテてしまい、リタイアすることにもなりかねません。ちなみに東京マラソンだと高低差はせいぜい15mほど^^;登って降りて、登って降りてが連続であるので、ナメてはいけません。歩く人は続出します。始めての方は20km付近で脚が重くなってきつくなるので注意されたほうがいいと思います。

 

その他

気温は例年、日中で20度前後になりそうです。日差しは強くなる可能性も高いので日焼け止めは十分対策をしておきたいですね。ちなみに、補給は他のマラソンに比べて比較的種類も豊富で多いです^^完走者は全体の70%ほどだそうです。高低差のある勾配にペースを乱されないように注意してくださいね。

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す