仙台のお菓子「霜柱」って何?プレミアムな味と食感にハマる人続出

スポンサードリンク


仙台で売られているお菓子、「霜柱」って知ってますか?

正式には、宮城県仙台市を中心に店を出している
九重本舗玉澤(ここのえほんぽたまざわ)という老舗の
和菓子店が出している銘菓「霜ばしら」と言います。

九重本舗玉澤は、335年も続く代々続く和菓子屋なんですね。

霜柱

 

この霜ばしら。

冬だけの期間限定で、まさに「霜柱」のような形をしていて、
口の中に入れるとザクッという食感とともに、
舌の上で溶けていく不思議な和菓子です。

食べた人にしかこの感覚はわからないと思います。
青くて丸い缶に入っており、白くて
掴むとポロッと落ちてしまいそうな繊細な形をしています。

 

20年前におみやげをもらって食べたという人が
今も味を忘れられずに探していたというお話もあります。

 

販売期間は、10月から4月までですべて手作りで作られているので
注文しても届くまでに時間がかかるそうです。

品切れになることもあるので、注文できたら非常に運がいいです。

 

 

どんな和菓子で、どんな味なのか?

実際に見て、食べて確かめてみるといいですよ^^

九重本舗玉澤

 

ちなみに、別のお店のお菓子、「霜柱」もあります。
こちらは仙台ではなく、徳島で売られているもので、九重本舗玉澤の「霜ばしら」とは別のものです。

 

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す