ホワイトデーのお返しの意味!本命の気持ちがマシュマロで分かる?

スポンサードリンク


毎年3月14日はホワイトデーですね。

「お返しに何をあげたらいいかな?」と悩む男性もいたり、
「どんなお返しをくれるのかな?」と受け取る女性も期待していることでしょう。また、本命にチョコレートを渡した女性はそのお返しに何をくれるのか期待に胸が膨らみますね。

男性も女性もドキドキしているのではないでしょうか?
ホワイトデーのお返し

今日はホワイトデーについて気になることをいろいろと調べてみました。

ホワイトデーってそもそもどんな日

バレンタインデーの2月14日にチョコレートをもらった男性が、3月14日のホワイトデーにそのお返しとしてお菓子をプレゼントするという日本で生まれたイベントです。

日本発祥ですので、欧米にはこういった習慣は一切ありません。また、中国や台湾、韓国などのアジアの近隣の国にもこのホワイトデーの習慣が定着しているようです。

バレンタインデーが日本に定着してきて、「そのお返しをしてみてはどうか?」という考えからお菓子業界が始めたのがホワイトデーの始まりです。
つまりお菓子業界が自分たちの商品を売るためにバレンタインデーに便乗したイベントを創りだしたという訳ですね。それが今はしっかりと定着し、毎年盛り上がりを見せているのでお菓子業界としては大成功です。

スポンサードリンク


お返しのお菓子の意味って何?

今回調べてわかったのですが、ホワイトデーのお返しに意味があるんですね。
私、これまで生きてきて初めて知りました!

何も考えずに普通にクッキーを渡せばいいのかと思っていました。
最近は彼女に何がほしいのかを聞いて一緒にアクセサリーなんかを買いに行ったりしています。

ホワイトデーのお返しとして定番なのは食事、クッキー、ケーキ、アクセサリー、花、マシュマロ、キャンディー、ブランド物、ハンカチなどだそうです。また、お返しはいらないという人も多いようですが、きちんとお返しをしてくれると女性としても嬉しいですし、男性に自分のことを大切にしてくれていると伝わります。ハンカチやアクセサリーは身に付けるものなので、自分が選んだものが、渡した女性の趣味に合わないと嬉しくないかもしれないので、食べてなくなるものなどは無難です。

ちなみに本命と義理で大きく変わってきます。

  • マシュマロ…「あなたことが嫌いです」
  • キャンディー…「あなたのことが好きです。付き合って下さい」
  • クッキー…「友達でいましょう」
  • マカロン…「あなたは特別な人です」

パウンドケーキ…調べたのですが特に意味はありませんでした。
ケーキは普通にもらって嬉しいものなので無難なプレゼントでしょうね

チョコレートはバレンタインデーでもらったものでもあるので、チョコをチョコで返すのはあまりひねりもないのでやめておいた方がいいです。手作りチョコをもらった時に味見もしているでしょうし、チョコは当分見たくないという人もいるかもしれません。

まとめ

ホワイトデーは本命チョコをもらったならしっかりと意味を考えてお返しをするべきです。
うっかり何も考えずにマシュマロをお返しに渡してしまったら、相手もショックを受けて泣いてしまうかもしれません。

好きならキャンディー(飴)、特に何も思っていないならクッキーを渡せばOKです!
私個人(男性)としては普通にもらうだけでも気持ちが入っているなら何でも嬉しいものなのですが、女性にとってはプレゼントの意味を考えてしまうので注意してくださいね。義理チョコならあまり考えずにクッキーで十分です

恋人同士の関係で毎年のことなら決まりきったものでなくても、食事やおしゃれなアクセサリー、相手にほしいものを聞いたりして渡すのもいいですよ^^

スポンサードリンク




コメントを残す