卒園式でコサージュつける時の色は何色?注意点や乳幼児連れのママさんにも

スポンサードリンク


卒園式では黒か濃紺のスーツを着るのが主流ですが、暗い色ばかりだとちょっとさびしい感じがしてしまいます。そんな時はアクセントとしてコサージュを付けるのが良いではないでしょうか。卒園式でコサージュを付けてはいけないという規則はあまり聞いたことがないので、大抵はお好きなコサージュを付けていけばちょっとしたオシャレを演出することができます。

 

卒園式でコサージュを付ける時の注意点

ただ注意していただきたいのは稀に布製のコサージュは卒園式などの式典では少しカジュアルすぎると捉えられることもあるようです。またビーズなどのコサージュも式典で付けるにしてはちょっとカジュアルな気がします。

色は黒以外でしたらどの色でも大丈夫なようです。服が暗めなのでやはり少し明るいピンク系や白系などの暖色系にすると、厳かな中にも華やかさがプラスされてステキなママを演出できると思います。

スポンサードリンク


 

コサージュを付ける位置はどこがオススメ?

コサージュの付ける位置は左側の鎖骨の少し上あたりがいいと思います。気持ちちょっと上の方にコサージュを付けるとそこに目がいくので縦長のラインが強調されスタイリッシュな印象になります。

スーツが薄手の場合、コサージュの重さでだんだんコサージュが下に垂れてきてしまうこともありますので、もし薄手のスーツの場合は下に着ている服ごとピンでとめてしまうのがちょっとしたコツです。 また以前はコサージュは下向きに付けるという決まりがあったようですが、現在は下向きでも上向きでも問題はなく、付けるコサージュによって付け方を考えていいようです。

コサージュ

乳幼児を連れて行く方は気を付けて

乳幼児を式典に連れていかなければいけない場合、どうしても抱っこをしなければなりませんよね。そんな時にコサージュのピンが赤ちゃんに刺さってしまったり、コサージュをおもちゃと勘違いして引っ張られてしまったりすることも十分考えられます。乳幼児を連れていかれる方は少し気にしておいた方がいいかもしれません。

 

生花のコサージュはどこで手に入るの?

生け花で作られたコサージュもあります。お花屋さんなどにお願いすると作ってくださるようです。近所のお花屋さんでコサージュが作れるかどうか聞いてみてもいいでしょう。フラワーアレンジメントができる方は自分で手作りすることもできますが、初めての場合は難しいと思います。綺麗に見せるのであればお花屋さんなどのプロに頼んだ方がいいと思います。

せっかくの卒園式ですので、お子さんとお花を選んだりしてお子さんとの思い出のコサージュを作っていくのもステキだと思います。きっとそんなコサージュをママが付けてくれたらお子さんは自慢したくなっちゃいますよね。

お子さんが女の子でしたら、お子さんの髪飾りとコサージュをお揃いにしてもかわいいですね。コサージュの中には髪飾りと兼用になっているピンが安全なものもありますので、探してみてお揃いのお花を付けて卒園式に参加されるのはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク




コメントを残す